読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

迷える寄付者に贈る!寄付すべきオススメNPO!-放課後NPOアフタースクール-

こんにちは。

寄付したいけどどのNPOに寄付していいかって、結構困りませんか?

そんな人にオススメのNPOを紹介します!

今回は「放課後NPOアフタースクール」!

 

1.NPOの概要

放課後NPOアフタースクールは、「子ども達の放課後を救え!」というミッションで活動しているNPOです。

 

放課後NPOアフタースクールが持っている課題感は、以下の通りです。

 

①子ども達の問題

 ・今の子ども達は習い事・塾などでとにかく忙しい

 ・子ども達が襲われる事件が相次ぎ、外で遊べる機会も昔より少なくなった

 ・「ひとりで家で」遊ぶのが中心

②親の問題

 ・共働きの増加

 ・学童保育の不足

 ・高額な民間学の台頭

 

それを解決するために動きだしたのが、放課後NPOアフタースクール!

 

活動内容は以下の通り。

①アフタースクール

アフタースクールは、さまざまな体験ができる学童保育を、放課後の小学校で行うしくみです。

学童保育と放課後子供教室が一体になったようなしくみ)

私たちの「アフタースクール」は「預かり(学童保育」と「体験(プログラム)」の2つが最大の特徴です。

学校の校舎にある様々な施設を活用し、多様な活動に子どもたちがチャレンジ出来ます。

活動を担うのは地域や社会の「市民先生」。

放課後の小学校を舞台にたくさんの市民と子どもたちが出会い、

社会全体で子どもを育てる」仕組みが出来ます。

 

 

②企業連携子育てプロジェクト

企業のもつ資源を子どもたちの世界に投入することで、素晴らしい教育効果が生まれます。

次世代育成は社会全体のテーマです。私たちNPOが企業と子どもたちの世界をお繋ぎいたします。

子どもたちは夢を育み、大人たちは仕事の原点を再確認する、そんな瞬間がたくさん生まれることを願っています。

 

 

 

2.こういうことを感じた寄付者にオススメ! 

・最近の子ども達は思いっきり遊べる場所が少なくてかわいそう

・子ども達の放課後を楽しいものにしてあげたい!

・自分の寄付を子どもの成長に使ってあげたい!

 

3.怪しくないよね?

寄付者として一番気になるのが、

自分の寄付は本当に子ども達に届いているんでいるか」ということ。

*1

 

集めたお金の内、どのくらい使っているか

集めたのに使っていないのは、少し悲しいですよね。

  

  経常収入(集めたお金):110,883,320円

  経常費用(使ったお金):109,286,532円

 

「集めたお金」に対する「使ったお金」の割合は

 98.6%

 目安ですが集めたお金をほとんど使ってます。

 

費用の内、どのくらい事業費として使われているか

使ったお金の内、どのくらい事業に使われているかというのは気になりますよね。

  

  経常費用(使ったお金):109,286,532円

  事業費(事業に使ったお金):89,054,802円

   

  

「使ったお金」に対する「事業に使ったお金」の割合は  

 81.5%

 目安ですがほとんどが事業に使われています。 

 

人件費を使いすぎていないか

使っているのはいいけど、職員さんが無駄遣いしているのは嫌ですよね。

 

  人件費(職員さんにあげた給料など):50,334870円

 

有給職員さんが十数名だとすると、

1人当たり300万〜400万くらいの給料。

そんなにおかしくないですね。

 

①〜③より、財務的にも全く怪しくありません! 

 

3つの視点で放課後NPOアフタースクールを紹介してみました。

少しでも寄付者の方の助けになればうれしいです!

 

もっと詳しく知りたい方は、こちら!

npoafterschool.org

*1:下記数値はすべて平成27年3月期のもの