読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ダースベイダーから漂う哀愁

雑記

こんにちは。

スターウォーズを、エピソード1〜3→エビソード4〜6

の順に見てみました。

 

エピソード1〜3で、アナキンがパドメを救うためにダースベイダーになってしまった経緯を見ているので、エピソード4〜6のダースベイダーは、少し哀愁が漂っていように見えて仕方ない。

 

そしてエピソード6の最後には、ダースベイダーのオヤジとしての愛が炸裂しています。

 

以下うろ覚えの中での再現

シス「しねぇぇい!」

シス光線発射

ルーク「うわぁぁぁぁあああ!!」

息子のルークが苦しみ、死にそうになっているのに父としての思いが炸裂するダースベイダー

ダースベイダー「やめろおおおお!!」

シスを持ち上げ、穴(?)のようなところに投げ飛ばし、シス死亡

シスを投げ飛ばす際にダメージを受けてしまい、息子のルークを見ながら死にゆくダースベイダー

 

なんか感動。。

最後は少しだけ重荷をおろしたような、安らかな顔をしていました。

 

究極的には、「ダースベイダー物語」であるスターウォーズ

ダースベイダーから漂う哀愁も人気の理由の1つなのかもしれません。


それでは。