読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

100冊マラソン-8冊目-「半径5メートルの野望」

こんにちは。

 

年初に決めた、「1年で100冊本を読む」という目標に向けて、着々と進んでいますが、せっかくなのでこの企画のタイトルを決めました!

その名は、「100冊マラソン」です。

読書に慣れている人であれば、100冊など大したことないかもしれません。

しかし、わたしにとっては立派な挑戦です。

頑張ってやり切りますので、応援よろしくお願います!

 

100冊マラソンの8冊目は、プロブロガーはあちゅうさんが書いた「半径5メートルの野望」!

この本は共感できるところが多すぎました!

はあちゅうさんはわたしよりもはるかに多くのことと戦っていて、レベルが違うかもしれません。

しかし、わたしも「働きながらNPO法人に関わる」という普通の人と少し違うことをやっているので、静かに戦っています。

人が「当たり前」と思っていることに対して、自分の考えを示していかないといけないので大変です。

 

そんなことはさておき、共感したフレーズを紹介したいと思います。

 

できるかな、じゃなくて、やるんだ!

 

このフレーズ、大好きです。

まさに、働きながらNPOに関わるとか、ブログを毎日書くとか、100冊本を読むをとか、

以前の生活から考えると実現不可能に思えるものです。

しかし、自分の心にピンときたものだったので、まさに「できるかな、じゃなくて、やるんだ!」の気持ちで頑張り続けています。

 

はあちゅうさんは、きっと「普通の人」なんだと思います。

でも、努力でここまできた。

本を読んでいる「普通の人」でも、頑張ればはあちゅうさんの世界にいけるよ

というメッセージを発しているのだと思います。

わたしも自分の人生をもっと楽しくするために、努力を続けたいと思います。


それでは。