読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NPO界隈では、なぜやたらと合宿をやりたがるのか。

ソーシャルセクター

NPO界隈では、なぜやたらと合宿をやりたがるのか。

 

合宿は楽しい。

それはもう楽しい。

ある種、大人の修学旅行的なやつだ。

 

でも大人の修学旅行とは決定的に違うところがある。

それは合宿で語り合う内容だ。

 

いわゆる大人の修学旅行では、「ウェーイ‼︎」的な会話がなされる。
(ちなみにわたしは大人の修学旅行には参加したことがない)

f:id:yokoyan28:20170204091756j:plain

 

対して、NPO界隈の合宿は

「どうやったらもっと世界をよくできるんだろうか」

ということを終日、いや夜通し語り尽くす。

 

普通の人であれば、「うわー、意識高いねー。。」となるところかもしれない。

でも、NPO界隈の人は真顔でそれをする。

 

なぜやるのか。

 

ソーシャルなことをやる人の原動力は、課題に対するコミット感ももちろんだか、

「仲間」も必要不可欠な要素だ。

 

社会課題解決のリアルは泥臭くてとても大変。

SNSを使って発信したり、子どもへのプログラムを毎月考えたり、MTGスペースを予約したり…

こういう大変なことを乗り越えていくために、仲間が必要不可欠。

 

合宿を通じて仲間とのキズナを深めて、また明日から頑張ろうという気持ちを新たにするのだ。

 

だから合宿をやりたがる。