読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

子どもの貧困の見えにくさ

f:id:yokoyan28:20170329122314j:plain

子どもの貧困は見えにくい。

 

一見普通に暮らしている人たちが貧困状態にあったりする。

その割に、貧困家庭が日本で増えている事実を知っている人はそこまで多くありません。

 

かく言うわたしも、毎週のようにNPOの活動で子どもの貧困について議論してますが、日常生活で意識することはあまりありません。
今年の2月にNHKで放送された「見えない“貧困”~未来を奪われる子どもたち~」でも、毎日接している学校の先生ですら、どの子が貧困状態なのあるのかはわからないと言ってました。

貧困が「見えない」のは、貧困状態にあると見られたくないから隠してしまうというのが理由としてあるようです。

 

このような子どもたちを少しでも楽にしてあげるには、まずは子どもの貧困について「知る」ことが大事です。

 

子どもの貧困に関する本をご紹介するので、読んでみてはいかがでしょうか?

 

子どもの貧困の見えにくさ

f:id:yokoyan28:20170329122314j:plain

子どもの貧困は見えにくい。

 

一見普通に暮らしている人たちが貧困状態にあったりする。

その割に、貧困家庭が日本で増えている事実を知っている人はそこまで多くありません。

 

かく言うわたしも、毎週のようにNPOの活動で子どもの貧困について議論してますが、日常生活で意識することはあまりありません。
今年の2月にNHKで放送された「見えない“貧困”~未来を奪われる子どもたち~」でも、毎日接している学校の先生ですら、どの子が貧困状態なのあるのかはわからないと言ってました。

貧困が「見えない」のは、貧困状態にあると見られたくないから隠してしまうというのが理由としてあるようです。

 

このような子どもたちを少しでも楽にしてあげるには、まずは子どもの貧困について「知る」ことが大事です。

 

子どもの貧困に関する本をご紹介するので、読んでみてはいかがでしょうか?

 

大騒ぎのおかげで

f:id:yokoyan28:20170404105035p:plain

 

子どもの貧困対策に取り組む超党派議員連盟は、生活保護を受給している世帯の子どもたちの大学などへの進学を後押しするため、生活保護の制度の見直しや奨学金の拡充などの検討に入ったようです。
今まで制度の狭間にいた子どもたちが、この制度が作られることで救える可能性が高まります。
議連の方々にはこの案を是非形まで持っていっていただきたいです。

www3.nhk.or.jp


また2016年末においても、児童養護施設の措置延長により、進学中の子どもは22歳まで児童養護施設にいれるようになりました。

www.asahi.com


ソーシャルセクターが子どもの貧困問題、特に児童養護施設の出身者へ進学支援について大騒ぎしまくったおかげで、政府や議員の目がそちらに向いてきました。
大変喜ばしいことだと思います。

 

しかし、このような状況になってくると、児童養護施設出身者の高等教育への進学支援という分野において、NPOが果たす役割は少し低下してきたといえるかもしれません。

 

いち早く対応したのが、ブリッジフォースマイルというNPO
カナエールという奨学金プログラムを行なっていましたが、募集を終了することを発表しております。

www.b4s.jp


NPOはあくまで社会課題を解決する組織です。
ゆえにゴールは社会課題の解決。
そのゴールが見えてきたのであれば、その事業はクロージングや縮小していくのが、あるべき姿なのかもしれません。

色々考えさせられました。

 

 

児童養護施設をプラスの経験に

f:id:yokoyan28:20170330234840p:plain

先日知人と話していて、とてもいいアイディアをいただきました。
それは児童養護施設での経験をプラスのものにしてしまおうというアイディア。

 

一般的に児童養護施設での経験というのはプラスとは言いきれないものだと思います。
虐待などをされて行き着いてしまった先なので仕方ないですね。

 

そんな児童養護施設ですが、逆転の発想で「誰もが行きたくなってしまうような施設にする」のはどうかなと。

 

例えば、児童養護施設に超一流の教師を招いて教育に携わってもらうとか、児童養護施設に入れば即エンジニア採用されるようなプログラム技術を教えてもらえるとか。

そういう風にすると、虐待などのマイナスの経験もプラスの経験に塗り替えることができるのではないかと。

 

 

子どもたちにとって、児童養護施設での経験がいい経験だったといえる場所であってほしいですね!

 

子どもの貧困の見えにくさ

f:id:yokoyan28:20170329122314j:plain

子どもの貧困は見えにくい。

 

一見普通に暮らしている人たちが貧困状態にあったりする。

その割に、貧困家庭が日本で増えている事実を知っている人はそこまで多くありません。

 

かく言うわたしも、毎週のようにNPOの活動で子どもの貧困について議論してますが、日常生活で意識することはあまりありません。
今年の2月にNHKで放送された「見えない“貧困”~未来を奪われる子どもたち~」でも、毎日接している学校の先生ですら、どの子が貧困状態なのあるのかはわからないと言ってました。

貧困が「見えない」のは、貧困状態にあると見られたくないから隠してしまうというのが理由としてあるようです。

 

このような子どもたちを少しでも楽にしてあげるには、まずは子どもの貧困について「知る」ことが大事です。

 

子どもの貧困に関する本をご紹介するので、読んでみてはいかがでしょうか?

 

KONJO

f:id:yokoyan28:20170315202713j:plain

 

すごいタイトルの本だ。
今では少し時代錯誤感のある根性(KONJO)にフォーカスを当てている。
しかも、読んだ後にはKONJOって必要じゃんと思わせる力強さもある。
 
KONJOとは「物事を永続的に取り組むための思考と行動の在り様」と定義される。簡単に言うと、物事を継続して取り組んで行くための考え方・行動の方法。
 
また、KONJOは「価値」「選択」「集中」「継続」で構成されている。
自分のありたい姿(価値)を認識した上で、どのように達成するかを選び(選択)し、他に惑わされず(集中)、継続してやり抜く。
 
そして、しっかりKONJOを発揮していくことで、成長・成功につながる。
 
これが本書の大まかな流れだ。
 
その中でも特に気になったフレーズにコメントしてみる。
 
下記はKONJOの中の「集中」フェーズの一節。
自分のありたい姿に近づくためには、やらないことも決めないとね、という内容である。
 
「自分の価値に根ざした目的を達成したいと願うのであれば、行動の幅を広げ過ぎてはいけない。水鉄砲は穴が小さい方が勢いよく遠くまで飛ぶのである。」
 
自己成長の気持ちがある人によくあるのが、「やることを増やし過ぎて疲弊してしまう」ということだと思う。
すごく気持ちはわかる。
社会から必要とさせている感は何ものにも変えがたいし、自分が無限に動けるのであればそうしたい。
 
でも時間は有限だし、人間1人でやれることなんてたかがしれてる。
本書にも書かれているが、自分で思い通りにできる時間は週30時間しかない。
それをどのように「自分のやりたいこと・得たいもの」に振り向けられるかが成長や成功のカギになってくる。
だから、やるべきことに集中することも大事になってくるのだ。
 
 
最後にまとめ。
内容的には最近話題のGRITと似た内容だった。
しかし、日本人がこれからの変化が激しい時代を生き抜いていくためにはKONJOが必要なんだと認識できた貴重な本だった。
 
面白いので、気になった方は読んでみるといいかもしれない。
 

NPO界隈では、なぜやたらと合宿をやりたがるのか。

NPO界隈では、なぜやたらと合宿をやりたがるのか。

 

合宿は楽しい。

それはもう楽しい。

ある種、大人の修学旅行的なやつだ。

 

でも大人の修学旅行とは決定的に違うところがある。

それは合宿で語り合う内容だ。

 

いわゆる大人の修学旅行では、「ウェーイ‼︎」的な会話がなされる。
(ちなみにわたしは大人の修学旅行には参加したことがない)

f:id:yokoyan28:20170204091756j:plain

 

対して、NPO界隈の合宿は

「どうやったらもっと世界をよくできるんだろうか」

ということを終日、いや夜通し語り尽くす。

 

普通の人であれば、「うわー、意識高いねー。。」となるところかもしれない。

でも、NPO界隈の人は真顔でそれをする。

 

なぜやるのか。

 

ソーシャルなことをやる人の原動力は、課題に対するコミット感ももちろんだか、

「仲間」も必要不可欠な要素だ。

 

社会課題解決のリアルは泥臭くてとても大変。

SNSを使って発信したり、子どもへのプログラムを毎月考えたり、MTGスペースを予約したり…

こういう大変なことを乗り越えていくために、仲間が必要不可欠。

 

合宿を通じて仲間とのキズナを深めて、また明日から頑張ろうという気持ちを新たにするのだ。

 

だから合宿をやりたがる。